梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | 歯内療法

歯内療法

診療科目:歯内療法

歯内療法とは?

歯内療法とは?

歯内療法とは、「歯の内部の治療」のことです。
歯の内部、神経がある根管の処置はとても難しく、高い技術を要します。
歯の根っこにあたる部分は歯の土台として非常に大切で、歯の機能を維持するためには適切な処置が必要になってきます。
本来なら神経の部分は歯に囲まれて守られていますが、虫歯が進行すると、歯の内部まで菌が侵入し、神経が細菌に侵されてしまいます。
痛みを無くすには神経を除去しなくてはなりませんが、これは単なる痛み止めに過ぎず、適切な処置とは言えません。
歯内療法で歯の神経を無菌な状態に戻す処置を行うことは、根っこの問題を解決することで歯を長く機能させることに繋がります。

根管治療について

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具を用いて、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に取り除き、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。
「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。
虫歯が歯髄まで進行した場合や、根の病気になってしまったような場合には、この根管治療が必要になります。

しかし、根管治療は非常に難しく、高い技術を要します。
根っこの部分は自分で見ることができず、かつ人によってそれぞれ形が違うため、細菌を完全に除去することはとても難しいのです。
少しでも細菌を残してしまうと後で菌が繁殖してしまうなどのトラブルも起こり得ますが、治療が成功すれば、大切な歯を長く機能させることに繋がります。

当院での治療について

上記の通り、歯の根っこの部分の治療にはたいへん時間がかかります。
しかし、根管治療をせずに放置しておくと、以下の様な症状が現れてきます。

  • 噛むとひどく痛む
  • 顔が腫れてしまう
  • 隣の歯に悪い影響を及ぼす
  • 最悪の場合、抜歯する必要が出てくる

――このような生活に支障の生じる症状もありますので、お悩みの際は当院にてお気軽にご相談ください。
カウンセリングに十分な時間をかけ、患者様の大切な歯を残すための治療計画を一緒に考えて参ります。