梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | インプラントのQ&A

インプラントのQ&A

インプラントのQ&A

Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?
A.16歳以上なら年齢制限(上限)はありません。
16歳以上(骨の成長がほぼ終了する年齢)で、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることが可能です。年齢制限(上限)はありません。
Q.糖尿病ですが大丈夫ですか?
A.医師の指導の下に十分な血糖コントロールがなされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術が行えないケースもあります。詳しい病状を担当医までお伝えください。
Q.歯槽膿漏(歯周病)ですが大丈夫ですか?
A.治療と歯磨きを身につけることで、歯槽膿漏(歯周病)を治してからインプラント治療に入ります。
歯槽膿漏(歯周病)にかかっている方は、お口の中の衛生状態が悪い場合が多いため、そのままではインプラントを埋入することはできません。治療と歯磨きを身につけることで、歯槽膿漏(歯周病)を治してからインプラントを埋入します。
Q.治療期間はどのくらいかかるのですか?
A.6~24週間かかります。
一般的にあごの骨に入れたインプラントが周囲の骨と結合するためには、使ったインプラントと患者様にもよりますが6~24週かかります。その後、上部に歯を入れるために期間がかかる場合と、すぐに入れられる場合があります。
Q.インプラントはどのくらいもちますか?
A.インプラントはチタン製でとても丈夫ですので、何らかの問題が起こらなければ、半永久的にお口の中で機能します。
しかし、歯磨きが十分にできないでインプラントの周囲に歯垢が付着したままの状態にしておくと、天然歯同様、歯槽膿漏(歯周病)のような状態になり、インプラント周囲の骨がやせ、グラグラ動いてしまいます。このようになってしまったら、インプラントは抜くしかありません。インプラントを長持ちさせるには、毎日しっかり歯磨きを行うとともに、必ず定期健診を受けてください。
Q.手術後の注意点は?
A.手術した部位については、歯磨きは2~3日間は控えてください。
腫れている間(1~3日間)は、食事しづらくなります。また、感染しやすい時期でもありますので、食事は硬いものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスの優れた軟らかいものを採るようにしてください。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが、強くうがいをするのは避けてください。また大きく口を開けたり、笑ったりするのも傷口の安定を考え、控えるようにしてください。薬は指示通りに服用し、歯磨きは手術した部位に関しては2~3日間は控えてください。
Q.治療の成功率はどのくらいですか?
A.8年以上の期間にわたって93%以上のインプラントがまったく問題無く使用されていたとの報告があります。
当院で採用しているブローネマルクインプラント・ストローマンインプラントは調査データとして1,003人の患者様に2,359本のインプラントを行ったところ、8年以上の期間にわたって93%以上のインプラントがまったく問題無く使用されているとの報告があります。
Q.以前の自分の歯と同じように噛むことができますか?
A.以前の自分の歯以上かも知れません。
インプラントはあごの骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどの硬い食べ物でも、そのほとんどはしっかりと噛めますので、以前の自分の歯以上かも知れません。
Q.治療が終わった後はどうなるのでしょうか?
A.個人差がありますが、3~6ヵ月に一度は来院されることをお勧めします。
メインテナンスと言って、インプラントはもちろん、ご自身の残っている歯もしっかり残していくために、ご自宅での歯ブラシ(普通のハブラシ、歯間ブラシ、糸楊枝、デンタルフロス)の励行はもちろん、自分の歯磨きで磨けていないところのチェックをするために定期検診にいらしてください。個人差がありますが、3~6ヵ月に一度は来院されるよう、お勧めいたします。