梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | 院長のご挨拶

院長のご挨拶

高野 隼一 / Junichi Takano

院長 高野 準一
院長 高野 準一

はじめまして、プライム歯科梶が谷院長の高野隼一と申します。
私たちが考える医療は目先のものではなく、10年、20年後のライフステージの変化まで見据えた満足していただける医療のご提供です。患者様が気にされる痛みなどの主訴は解決した上で、「今後はこんなトラブルが起きそうです」とアドバイスをし、対策をたてておくと、その方も「ここが弱いと言われたな」と気づかってケアされるでしょう。また、ちょっとした変化に気づいて早めに受診していただけると思います。多くの患者様に満足をご提供できればと思っています。

最近の歯科治療は非常に進歩しており、一度失った歯であっても御自分の歯のようにかむことのできるインプラントや、金属で詰めるしかなかった歯の詰め物もセラミックを使うことによって修復したことがわからないくらいに治すセレックができるようになりました。また歯の噛み合わせや、歯並びなども矯正治療を行うことによって理想的な噛み合わせや、さらに矯正治療とインプラント治療をあわせることによって本当に自然なかたちになおすことも可能となりました。

当院では患者様一人ひとりに担当の歯科衛生士がつきます。診療の技術はもちろんですが、担当者と1対1でコミュニケーションをすることで、「何をされるかわからない」といった不安が解消できるように心掛けています。私は歯科医院と美容院は似ていると思うんです。特に担当の歯科衛生士と患者さんとはプライベートな話で盛り上がることもあり、笑いが絶えません。歯科医師が相手だと口が重くなるような方も、担当の歯科衛生士がいると気持ちも安らぐ事もあるのではないかと思います。そして歯科衛生士はそうした機会に出てくる本音を上手にすくい上げて、私たち歯科医師に伝えてくれます。

歯科医師、担当衛生士、その他スタッフと綿密に打ち合わせをした後、担当の歯科衛生士が患者様に大半のことを説明するんです。決して歯科医師中心ではなく、「その患者さんにとって最善の医療を提供する」という目標を共有し、日々実行しています。

すべての患者様その方その方に応じて、綿密な検査と、将来を見据えた治療計画が必要です。

治療計画はひとつではなく、患者様一人一人に合わせたフルオーダーになります。
本当にご自身にあったベストの選択をされるのは、歯科医師だけで出来ることではなく、患者様にも考えて想像していただくことが大切になります。ご自身の体とご自身の将来を共に想像しながら、私たちと一緒に治療して参りましょう。

院長インタビューはこちら


院長 高野 準一

略歴

  • 神奈川歯科大学 卒業
  • 日本歯科大学 研修プログラム 卒業
  • 医療法人社団 厚誠会 勤務
  • 新百合山手ファースト歯科 勤務

所属学会

  • IDIAインプラント学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本補綴学会
  • FMS Study Group