梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | なぜインプラント

なぜインプラント

なぜインプラントなのか

私はインプラントをした方がいいの?

私はインプラントをした方がいいの?

インプラント治療をしなければ治らない方は、基本的におられません。歯科治療におけるすべての治療において保険適応の範囲で治療はできます。ただ、インプラント治療もしくはそれ以外の自費治療と呼ばれるもののほうが、より長持ちし、快適で、しかも審美的にも優れているという利点があります。

インプラント治療が、それ以外の治療と比べて最大の利点は、インプラントをあごの中に植え込むことによって、インプラントが非常に強い土台となり、物をしっかり噛めるようになるということです。

インプラントが一度ついてしまいますと、インプラントの周囲の骨ごと削らなければ取り出せないほど強力に骨と接着します。
それほど強くくっつくインプラントを利用して、新たに歯を作ったり、もともと入れ歯であった部分に新しく人の歯を作ったりという治療が可能になりました。

インプラント治療の考え方

歯を失った場合、失った本数やその部位にもよりますが、治療法としては以下の3つの方法が考えられます。

インプラント治療の考え方

このなかで周囲の歯に負担をかけず、本来歯があった時とほぼ同様のお口の環境を取り戻し、機能を回復させる方法としてはインプラント治療が最適と考えております。ただし、お口の状態は患者様により全て異なってきますので、あらゆる方にインプラント治療が最適というわけではありません。したがって、インプラント治療を行う上で、「安全・確実」を基本に、術前に想定できることは全て準備できるよう、確実な相談診査・診断を行います。インプラント治療では、インプラント治療だけが独立しているのではなく、隣の歯や噛み合わせの歯、歯肉や歯列など全体を診ながら治療を進めていくことが大切です。歯科医師が行う治療だけでなく、被せ物の作製を担当する歯科技工士、および治療後のメインテナンスを担当する歯科衛生士の技量も重要と考えられます。もちろん、より良い結果を生むためには、患者様のホームケア、ならびに私どもによるケアとの二人三脚が必要であると考えます。