梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントの種類

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア社は、世界で初めて歯科インプラントを展開したパイオニア的存在です。スウェーデンのブローネマルク教授が1952年に純チタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション(osseointegration))を発見して以来、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムは40年以上の研究開発、60万人以上の実績を誇り、世界標準のインプラントとなっています。

ノーベルバイオケアのインプラントの特徴は、インプラント体の先端が実際の歯根のような形状をしており、従来のインプラントよりもコンパクトにできていることです。そのため、骨の厚みや高さが足りないことの多い日本人には適しているインプラントと言えます。

また、テーパードは先細り形態になっているため、インプラントの埋入位置も理想に近いところに設定することができます。補綴(手術後、インプラント本体の上に人工の歯を作ること)のバリエーションも豊かで、他のインプラントと比べ、より美しい仕上がりが期待できます。

ストローマン(旧ITIインプラント)

ストローマン(旧ITIインプラント)

こちらも長い実績と高い評価を誇る、優れたインプラントの一つです。

1974年に開発されて以来、世界40ヵ国以上で使用され、最も信用されているインプラントの一つに数えられています。各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チーム「ITI」と、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスの「ストローマン(Straumann)研究所」が共同開発をして生まれたインプラントです。

日本で最もシェアの大きいインプラントシステムで、他社のインプラントと比べて治療期間が最短6週間と短く、1回(SLA)の手術が可能な代表的インプラントです。他社と比べて短いインプラントの植立ができるため、あごの小さい日本人には最適で、神経や血管を傷つける危険性が少ない、安全なインプラントです。

材質は全て純チタン(グレード4=ISO規格5832/II)で、チタンは生体親和性を有し、生体組織内で合併症を起こさず、アレルギー反応に関する報告もみられません。

スプラインインプラント

スプラインインプラント

口腔機能再建技術における世界的マーケティングリーダーとして知られる、米国ジンマーデンタル社の「スプライン」と呼ばれる独自の構造をもつインプラントです。生体に馴染みやすく、インプラントを成功へと導きます。

HA(ハイドロキシアパタイト)という、ヒトの骨の成分を構成している物質で全体がしっかりとコーティングされていて、骨と化学的にくっつきます(バイオインテグレーション)ので、条件の悪いあごの骨とでも、しっかりと結合することが最大の特徴とされています。

ジーシーインプラント

ジーシーインプラント

日本における最大の歯科材料会社・株式会社ジーシーの製品であるジーシーインプラントは、様々な骨質・骨量・骨形態に対応できるようにと、多彩なラインナップを揃えています。

「骨の質が悪い」「骨の量が少ない」など、どんな条件の患者様に対しても非常に成功率が高く、安心してインプラント治療を行うことができます。

それぞれに連結されるアバットメント以降は、全て共通のインスツルメントが使用可能となっているため操作がシンプルでわかりやすく、まさに日本人に適したシステムです。

3iインプラント

3iインプラント

アメリカのBiomet 3i社で製造されている歴史あるインプラントシステムです。

その最大の特徴は、特許を取得した「オッセオタイト」という表面性状にあります。オッセオタイトとは微小で均一な粗造構造のことで、この微細な突起の間にフィブリンの束が絡まってクロット付着を創り出し、これがインプラントと骨の結合を強力に促進します。最近発売されたタイプのものは、インプラントのネック部分までラフ・サーフェスになっており、骨吸収が起こりにくいような構造になっています。

また、補綴のバリエーションも豊富で、いろいろなタイプの患者様に応じて適切な被せ物を提供することが可能です。