梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | インプラントの治療法

インプラントの治療法

インプラントの治療法

サイナスリフト

サイナスリフト

骨が少なく、そのままではインプラントを埋め込むことのできない患者様には、骨の移植や再生術も研究されてきています。骨の移植術と一口で言っても、症例に応じて様々な種類があります。足りない骨の量によって、移植する骨も軽度~中程度までの量であれば、お口の中のあごから採取することができます。レントゲン写真撮影やCT撮影をしてきちんと診断しないと明確にはわかりません。また、最近では人工骨(カルシウム系の素材)の利用も研究されて効果を上げてきていますが、現在のところ、比較するとご自分の骨を利用するのが一番効果的であるという報告が多く見られます。上あごの奥の骨が極端に薄い場合に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、そこに骨を追加して骨量を増やす方法です。


症例1/この方法を利用することによって治療された患者様です。

手術前

手術前
手術前

手術後

手術後
手術後

前歯4本しか無い状態でしたが、インプラント治療によって奥歯にも歯が入りました。


症例2/男性56歳

症例2/男性56歳

義歯の使用を拒否されました。「インプラントをするにも骨が足りない」と他院にて断られましたが、サイナスリフト法によってインプラントの埋入ができました。


症例3/女性70歳

症例3/女性70歳

数年前から痛んだり腫れたりを繰り返していた歯を抜歯することになりました。その後、義歯かブリッジかインプラントかという選択になりましたが、「もうブリッジは嫌だ」とのことで、インプラントとなりました。この方も骨が十分にありませんでしたが、サイナスリフト法によってインプラントを入れることができるようになりました。


症例4/女性40歳

症例4/女性40歳

幼少時より、虫歯に苦しまれてきました。虫歯によって歯を失ってしまったものの、年齢的にまだ義歯は利用したくないとのことで、インプラントを選択されました。この方も骨の一番薄いところは2mm程度しかありませんでした。それでも結果的には13mmのインプラントが入りました。


症例5/女性63歳(高血圧症)

症例5/女性63歳(高血圧症)

患者様は高血圧症も抱えており、生活習慣病を改善するため、まずはしっかり食事をすることから始めることにしました。高血圧の既往があるため、手術自体ご心配されていましたが、麻酔専門医を招聘し、全身管理の下で施術を行いました。骨幅も非常に少なかったのですが、しっかりとインプラントが入りました。


症例6/男性45歳

症例6/男性45歳

すでに下あごにはインプラントが入っていたのですが、上あごは骨が無く、インプラントではなく義歯になるとの説明を受けたとのことでした。確かに、骨は非常に薄かったのですが、しっかりとインプラントが入りました。

ソケットリフト

骨が薄い場合に、鼻の空洞の中を持ち上げ、そこに骨を追加し、同時にインプラントを埋め込む方法です。

ソケットリフト
ソケットリフト

下顎インプラント

下顎インプラント

下の真ん中の歯が一度治療されていましたが、歯根部に虫歯がありました。患者様は痛みもあり、治療を望まれたのですが、治療開始後にやはり抜歯をすることになりました。


下顎インプラント

抜歯後のレントゲン写真です。


下顎インプラント

抜歯から1ヵ月後のインプラント手術です。手術中にインプラントの位置と、神経・血管までの距離を確認するためにレントゲンを撮りました。安全な方向と震度であることが確認されました。


下顎インプラント

インプラント体が入りました。手術開始からここまでで、15分程度かかります。来院されてから消毒麻酔の時間は約30分かかりますのでここまで、45分経過しています。その後縫合して止血確認ができるまでに15分程度かかります。医院での滞在時間は1時間~1時間30分くらいでしょうか。


下顎インプラント

その後インプラント体と骨が結合してくれるのを待ち、それから上部構造を作ります。その間6週間くらいです。この方では、仮歯が入ってからセラミックが入るまで、1ヵ月くらいかかっています。


下顎インプラント

最終的な歯が入りました。今後もメインテナンスは必要不可欠です。