梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | インプラント後の注意事項

インプラント後の注意事項

インプラント後の注意事項

1.止血

手術後24時間は、頻繁にうがいをしないでください。傷の治りが遅くなります。ガーゼを噛んでじわっと血がにじむ程度であれば、問題ありません。2~3時間経っても出血があるようでしたら、ご連絡ください。手術から2日間くらいは血の味がしたり、うがいの際に少し血が混じることがあったりしても問題ございません。

2.痛み・薬

渡された薬は、必ず指示通りお飲みください。手術直後に鎮痛剤を飲んでいただきますが、その後痛みが出るようでしたら、鎮痛剤を服用してください(ただし4時間以上後に)。抗生物質は完全に飲みきるようにしてください。

3.麻酔

麻酔は通常2時間程度で切れます(伝達麻酔の場合は3~4時間程度)。麻酔が効いている間は、舌や頬を咬んでしまう危険がありますので、食事等はなさらないでください。

4.衛生管理

手術当日の歯磨きはお控えください。翌日以降は問題ありませんが、腫れや痛みがある時は手術部を避けて行ってください。直接指で触ったり、縫合糸を引っ張ったりしないように注意してください。

5.食事

2~3日は軟らかい物(スープ・お粥など)を食べてください。食事は、手術した側と反対の側で噛むようにしてください。熱いもの・辛いもの・刺激物等はお控えください。

6.内出血斑

手術後、頬やあご・首に内出血斑(青アザ)が出ることがあります。内出血は10日前後で自然に消えていきますので、心配いりません。

7.その他

  • お風呂はシャワー程度にしてください。
  • できれば2週間は飲酒・喫煙を控えてください。
  • 手術後から24時間は過激な運動を避けてください。
  • 手術終了後1~2週間で抜糸をします。

サイナスリフト・GBRを行った患者様への特別な注意事項

1.サイナスリフト(上あごへ人工的に骨を盛り足した手術の場合)

  • 骨を盛り足した部分を下にしたうつ伏せ寝は行わないでください。手術した部分が貧血になり、傷の治りが悪くなることがございます。
  • 激しい呼吸を伴うような運動や歌唱は2週間程度控えてください。お鼻の通り道のわきにある副鼻腔に対して治療を行っております。そのため、副鼻腔を安静にしておかなくてはなりません。激しい呼吸を伴うような運動は控えてください。
    例)サッカー、水泳、マラソンなどは避けてください。カートでのゴルフ、水中ウォーキング、太極拳、ヨガなどは呼吸に注意して行ってください。
  • 鼻風邪など引かないように体調管理をお願いいたします。鼻風邪から上顎洞へ感染が波及することもございます。
  • くしゃみは鼻に大きな力がかかります。困難ですが、できるだけ控えるようにお願いいたします。
  • 喫煙も2週間程度は控えてください。
  • お鼻の空洞を触る手術をしたため、鼻出血、喉のほうに血液が流れ込むような感覚が出る場合もあります。たいていの場合は2~3日で消退しますが、4~5日してもまだ症状があるようでしたら、ご連絡ください。
  • 普通の抜歯や、インプラント治療よりも長めに抗生剤と消炎鎮痛剤が処方されます。決められた通りに服用なさってください。痛み止めは消炎効果もありますので、痛くなくてもお飲みください。服用に際して不都合が出ましたら、直ちに服用を中止し、ご連絡ください。

2.GBR

骨が足りない部分に、人工骨やご自分の骨を採取してインプラントの入る骨を作った方

  • 骨を盛り足した部分を下にしたうつ伏せ寝を行わないでください。手術した部分が貧血になり、傷の治りが悪くなることがございます。
  • 指や、歯ブラシ、そのほかのものでつつかないようにしてください。たいていはしばらくの間、圧痛が持続します。気になっても触らな いようにお願いいたします。盛り足した軟らかい骨が変形してしまいますと、その形に治ってしまうこともございます。

セルフコントロール・生活習慣の不良によってインプラント体との骨的結合や支持骨の喪失が起こる可能性があります。

アルコール依存、精神不安定、コミュニケーション不良、過食・拒食症、体調不良、不定愁訴、更年期障害、過度のアルカリ体質、ヘビースモーカーなど、歯科的既往以外の原因でも予後が不良になることがあります。

これらのことも含めて、術後何らかの理由でオッセオインテグレーション(骨的結合)が壊れ、炎症的所見が見られる場合は、経過観察を行い、インプラントを撤去する場合があります。