梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | インプラントのケース

インプラントのケース

インプラントのケース

  1. 歯を1本失った場合
  2. 歯を何本か失った場合
  3. 全ての歯を失ってしまった場合
  4. ALL ON 4

CASE1. 歯を1本失った場合

失われた部分にインプラントを1本埋め込みます。従来のブリッジによる治療は、健康な両隣の歯を削る方法でしたが、インプラントは「自立式」ですので、健康な歯を傷つける必要がありません。

歯を1本失った場合

歯を失ってしまった部分の隣の歯が、今まで虫歯の治療によって削られたことが無いような場合は、インプラント治療をお勧めいたします。人工的に歯を削ってしまうと、その後どうしても削った部分から虫歯が生じやすくなりますし、歯間ブラシ、糸楊枝も入りにくくなってしまうので、再治療になってしまう可能性が高くなります。一度削ってしまうと元には戻せないので、インプラントに利点があると言えるでしょう。さらに、ブリッジの場合は両隣の歯に対する負担が大きくなるので、両隣の歯が耐え切れなくなって壊れてしまうこともあります。ご自分の歯に負担をかけないためにも、インプラント治療は有利と言えます。負担のかかりにくい前歯部の場合は、インプラント治療よりもブリッジによる治療のほうが審美的に仕上がる場合もあります。十分に説明をお受けになったうえで治療法を選択してください。

1. 削る前の状態
1. 削る前の状態
2. 削ってブリッジの土台にします。
2. 削ってブリッジの土台にします。
3. 完成
3. 完成

CASE2. 歯を何本か失った場合

失われた部分に、何本かのインプラントを埋め込みます。従来は部分義歯を用いて治療していました。入れ歯を隣の歯に固定するためのバネは必要なくなります。

歯を何本か失った場合
上のあごです。前歯しかありません。
上のあごです。前歯しかありません。
奥の歯まで、しっかり噛めるようになりました。
奥の歯まで、しっかり噛めるようになりました。

上の写真は上あごの写真です。ご自分の歯を、左右合わせて8本なくされてしまいました。もともと、入れ歯を入れられていた患者様ですが、他院ではインプラントできるだけの骨が無いと言われて、ご来院されました。
入れ歯の不快感にずいぶん悩んでおられましたが、骨の無い部分に骨増生を行い、インプラントを入れられることによって、随分と快適になったと喜んでいらっしゃいます。「自分の歯のように何でも食べちゃう」とおっしゃるこの患者様も、下の写真のようにしっかりとブラッシングをしてくださっています。現在、本当のご自分の歯は前歯しかありませんが、この歯を一生使っていただきたいと思っております。右と左に分けて治療しましたので、治療期間としては1年3ヵ月くらい要しています。このように入れ歯でしか噛めなかったのが、インプラントによってご自分の歯と同じように噛めるようになるのは、インプラントの大きなメリットと言えます。

CASE3.全ての歯を失ってしまった場合

全ての歯を失ってしまった場合
2本のインプラントが見えます
2本のインプラントが見えます
2本のインプラントに入れ歯がはまります。
2本のインプラントに入れ歯がはまります。

これまで、歯をほとんど失ってしまった方が選ぶことのできた治療法は、部分入れ歯/総入れ歯などが一般的でした。入れ歯は「違和感が強くて入れていられない」「大きく笑うと入れ歯が浮いてくる」「家族と同じメニューが食べられない」「おいしく食べられない」「会話をするのがおっくうになる」「外食が面倒になった」など、入れ歯には短所が散見されました。このような症状でお困りの患者様にお勧めできるのが、インプラント治療です。全く歯の無い方も、インプラントをあごの骨に入れることによって、入れ歯とインプラントをボタンで留めてしまい、「浮き上がらない」「落ちてこない」「しっかり噛める」「傷ができにくい」「入れ歯が小さくなった」などの恩恵を受けられるようになりました。

2本のインプラントに支えられた入れ歯は、ずれることもなく、大きく口を開けても浮き上がってきたり、落ちてきたりすることはありません。痛みも無くなり、何でもおいしく召し上がれます。

2本のインプラントでは、完全に固定式にすることは難しいので、取り外しが必要になります。取り扱いは普通の入れ歯と全く変わりませんが、新しく入ったインプラントのトリートメントは必要です

CASE4. ALL ON 4 (歯を全て失ってしまった方へ)

これまで、歯を数本~多数本にわたってなくされた方に対する治療法は入れ歯が一般的でしたが、近年、人工歯根(インプラント)を使用した治療が注目されております。
インプラントは骨と結合するため、従来の歯と同様に噛むことができ、見た目的にも天然の歯のように見えます。
このインプラントを利用した「All-on-4(オールオンフォー)」という術式は、全ての歯を4本のインプラントで支えることによってインプラント埋入数を少なくし、患者様のご負担を軽くする画期的な術式です。その日のうちに歯が入りますので、すぐ夕食からしっかりと食事をすることができます。もともとインプラントが埋入されている方は、そのインプラントを利用できる場合があります。後方の歯牙だけが残っている方にも適応の場合があります。

1.歯を磨く場所が変わることです。
インプラントの根元の部分まで磨いていただきたいのですが、今まで歯があったところよりも随分と上の部分を磨いていただくことになります。

2.舌の感触が変わります。
歯肉と人工の歯肉の間に隙間が生じますので、最初のうちは慣れない方もいらっしゃいます。

――以上の2点が、この治療法を選ばれる際の大きな注意点となります。しかし取り外しがなく、本当に何でも噛めるというのは大きなメリットです。十分ご検討のうえ、選択してください。