梶が谷 歯医者 プライム歯科梶が谷|土曜 日曜 祝日診療 | 一般歯科のQ&A

一般歯科のQ&A

一般歯科のQ&A

Q.虫歯を放置していたら、痛みと違和感が生じてきたのですが?
A.虫歯の状態を放置したことによって、歯髄が感染を起こして炎症が歯根に波及した状態です。
歯髄を取る処置を行い、歯根の先にある炎症に薬剤を到達させる処置によって対応できる場合と、歯を残すことができずに抜歯をせざるを得ない場合があります。少しでも歯を残せる可能性があるうちに受診されることが大切です。
Q. 虫歯はミュータンス菌などが産生する酸によって、歯のエナメル質等が脱灰される現象で歯肉に影響を及ぼす事はありません。
A.虫歯はミュータンス菌などが産生する酸によって、歯のエナメル質等が脱灰される現象であり、歯肉に影響を及ぼすことはありません。
歯肉の変色は、単純にメラニン色素の沈着と考えるのが一般的で、虫歯になった部分が黒くなったりするのは、黒い色素を産生する細菌の仕業によるものです。
Q. 初診の段階で服用している薬等については、投薬処置が必要な場合、薬剤禁忌の可能性があるので詳細に伝えていただくのが原則です。
A.初診の段階で服用している薬等については、投薬処置が必要な場合や薬剤禁忌の可能性がありますので、詳しく伝えていただくのが原則です。
服薬中止が必要になるかどうかは処置内容にもよりますが、通常の虫歯治療で必要になることはありません。
Q.銀歯の虫歯は抜歯が必要になりますか?
A.いきなり抜歯となることは少なく、大抵は神経を取る治療を行うことになります。
神経のある歯に金属が被せてある場合、内部で虫歯の進行によって痛みや違和感を覚えることがあります。このような状況の場合、いきなり抜歯となることは少なく、大抵は神経を取る治療を行うことになります。
Q.虫歯だとしたら、神経は取らなくてはいけませんか?
A.虫歯の進行程度やどの程度神経に近い部位まで進行しているかによって、神経を取る必要があるのかどうかを判断します。
レントゲン撮影によって、虫歯の進行状態は判断できますので、神経を取る治療が必要かどうかの判断には、一度受診されることが必要です。